最も身近な占い|姓名判断占いとは?姓と名の画数から運勢を見る話題の占い

最も身近な占い

タロットカードと水晶玉

日本には様々な占いがありますが、中でも一番身近なのは「朝の情報番組終わりの占い」ではないでしょうか。

朝の情報番組の終わりには、多くの局で占いが導入されています。
ああいった毎日の占いの結果というのは、どのように決められているのでしょうか。
筆者は残念ながらテレビ関係者ではないため詳しい事は分かりませんが、現代にはなんと、「365日占えるPC専用ソフト」なんて言う商品もあるそうです(商品名ではありません)。

テレビ局によっては、それを採用している可能性もありますね(ちゃんとした占い師さんに毎日お願いしている可能性も当然あります)。
しかし、そう言った「お手軽」であったり、「無料」である占いに対して、我々は少し注意する必要があります。それはなぜかと言えば、

大勢の人に配信されている占いは、貴方のためだけに占い結果を提示しているわけではない

という事です。つまり大勢の人に配信されている占いは、あくまで「日本人全体をいくつかのパターン分けした場合のパターン傾向」を提示しているに過ぎませんから、はっきり言って「当たらない事の方が多い」です。
何故なら、そのパターンにあてはまる人だけが、日本に暮らしているわけではないからです。
それこそ「A型は几帳面」とよく言われますが、当然A型でも几帳面ではない、ズボラな人もいます。「パターン傾向」による占いには、限界があるのです。
もし貴方が「貴方のためだけの占い」を求めているのなら、その時はお金を出して占い師に占ってもらいましょう。「貴方のためだけ」というところに、お金を出す価値があるのです。