あくまで常識的な名前を|姓名判断占いとは?姓と名の画数から運勢を見る話題の占い

あくまで常識的な名前を

ハート型の毛糸

姓名判断の占い結果に基づいて赤ちゃんの名前を決める、とは言っても、具体的にどうすれば良いのでしょうか。
幸いな事に、現代ではインターネット上に無料の姓名判断が可能なサイトが多くあります。それらを利用して、赤ちゃんの名前を考える参考にしましょう。
ただ占いに従って赤ちゃんの名前を考える時、以下の点に注意してください。あまり占いだけにこだわり過ぎても、子供にとっては良くない事もあるのです。

・誰でも読める名前にする

これは、本当に大事な事です。親御さんによっては「親としての願い・思い」が強くなり過ぎて読み難い名前を子供に付ける人もいますが、それは絶対に避けるべきです。
何故なら、子供と接するのは親、親戚、縁者だけではありません。学校では先生や同級生、就職活動ではOBや面接官、そして会社に入ってからは上司や取引先の人とも、子供は関わらなければならないのです。
その時に「読めない名前」であったら、その子供は「社会人として信用されない」恐れが十分にあります。
もし日本の社会を構成する全ての人が親御さんと同じ価値観を持つ人達ならば、そんな心配は無用です。しかし、現実は違います。必ず誰でも読める名前にしましょう。

・占い結果を良くするためだけに無理な名前をつけない

例えば、例を挙げて該当する方には申し訳ありませんが、「金剛石(ダイヤモンド)」という名前の「地格」は「大吉」です。
たしかに誰でも読めそうな名前ですし、運勢も良いです。しかし、果たして社会人として信用されるでしょうか。業界によっては受け入れてくれるかも知れませんが、あまりオススメできません。