占い師の選び方|姓名判断占いとは?姓と名の画数から運勢を見る話題の占い

占い師の選び方

水晶玉

もし占い師にお金を払って占いをしてもらう場合、どのように占い師を選べば良いのでしょうか。
以下に、占い師の選び方を記載します。

1:確かな実績を持つ占い師を選ぶ

はっきり言って、占い師ほど「実績」が重要になる職業もないでしょう。
何せ、詐欺師まがいの一般人だって「私は占い師」と名乗って占いでお金を稼ぐ事は可能なのです。
そういった詐欺師を避けるためにも、利用者は「実績」を確実に評価する必要があります。

占い師の実績として、高く評価できるのは以下の実績です。

・芸能人、著名人による紹介
・占い師として活動してきた年数(嘘ではないと確認できるもの)

以上の2つが揃っていれば、料金は高くなりますがその占い師は「本物」です。せっかく占ってもらうのだったら、本物の占い師に占ってもらいたいですよね。

2:過去にトラブルを起こしていないか調べる

詐欺師まがいの占い師の中には、「この壺はご利益がある」などと言って高額な商品を売りつけてくる者もいます。俗に言う霊感商法ですね。
そういった詐欺に遭わないためにも、占い師の名前で検索してみましょう。占い師の過去に「許容できない」ようなトラブルが見つかったら、その占い師は避けましょう。

3:信用できそうか直感で判断する

最近では、占い師の多くが自身の顔などを掲載したホームページを持っています。そこに記載された占い師の人相を見て、「自分が信用できそうか」判断しましょう。
ここで「この人、怪しいな」と直感で思ってしまうようなら、その占い師に占ってもらうのはやめましょう。その状態で占ってもらったところで、お互いに不幸になるだけですからね。