女性の指先

姓名判断は5つの要素から

ステンドグラス

子供の名前を考える際には、姓名判断の占い結果を参考にしてみてはどうでしょうか?

姓名判断とは、人の姓(苗字)と名(名前)に関係した総画数を見る事により、その人の運勢を占う占いです。
いくつかの流派があり、それぞれ画数に対する吉凶判断や画数の計算の仕方が異なります。

流派によってその占い結果も変わる姓名判断ですが、大事なのは「子供に良い名前を付けるための一つの手段である」事です。
占いによって人生の全てが決まるわけではありませんから、「許容できない」ような占い結果だけを避ければ良いのです。

子供の名前を姓名判断によって決める場合、まず以下の「五格」を知っておきましょう。

総格:姓名の総画数。人生(特に晩年)に大きく影響する運勢を表します。
天格:苗字の総画数。その苗字を名乗る者として抗えない、家系の宿命を表します。
地格:名前の総画数。人物を形成する、未成年期における体力・知力を表します。
人格:苗字の最後の文字と、名前の最初の文字の画数を足したものです。社会における立場などを表します。
外格:総格から人格を引いたものです。大人になってからの周辺環境を表します。

子供の名前を決める際には、特に「地格」が重要となるでしょう。つまり、名前の総画数を調整し、「吉」となるように名付ける必要があります。
もし「地格」が「凶」だと、未成年期に体力・知力が十分に培われない恐れがあります。子供のその後の人生を考えると、それだけは避けてあげたいですよね。

ハート型の毛糸

あくまで常識的な名前を

占いの結果にそって縁起の良い画数の名前を付けてあげたいという気持ちはわかりますが、あまりにも個性的な名前や読み方がわからないような名前は控えた方が良いかもしれません。大きくなってから余計なことで悩むおそれがあります。

おみくじ

記事一覧

「姓名判断占いとは?姓と名の画数から運勢を見る話題の占い 」の記事一覧です。